【珈琲好き必見!】キャンプ場だけでなく自宅でも楽しめる、おしゃれなコーヒーギア特集!

キャンプの醍醐味はなんといっても、ゆっくりした時間と最高のコーヒーですよね。
いつもの缶コーヒーも、キャンプ場で飲むだけで全く違う味わいになるものです。

せっかく最高の時間を過ごすのだから自分の手で豆を挽いてコーヒーを淹れてみたいと思っていませんか?
豆からこだわってお気に入りのギアで淹れるコーヒーは、もうそのためだけにキャンプ場にいく価値があるほど素晴らしいですよ!!

とはいえ、キャンプ場で使うためだけにコーヒーギアを買うのもなんだか勿体無い気がする、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、キャンプ場だけではなく自宅でも使えるとってもおしゃれで機能的なコーヒーギアについて解説していきます。

1.ケトル

コーヒーにこだわるなら、最も大切なアイテムであると言われているものがケトルです。

珈琲考具 ツードリップポットPro

  • フチまわりがカールになっていて水切れがいい
  • こだわり抜かれた持ち手

見た目もさることながら、キャンプ場などアウトドアな環境下でも使える配慮された設計のドリップポットです。

スノーピーク フィールドバリスタケトル

created by Rinker
Snow Peak(スノーピーク)
¥14,000 (2024/03/01 19:18:24時点 Amazon調べ-詳細)

フタを本体に引っ掛けておくことができるので、なにかとものがごちゃごちゃしがちなキャンプ場では非常に重宝します。

信頼のスノーピーク製なので所有欲を満たしてくれますが、その分お値段は若干高め・・・(1万3750円)

キャプテンスタッグ/コーヒードリップケトル ブラック

カラーが3種類あるのですがブラックのみ、持ち手の部分とフタの取っ手部分が木製のため、熱を伝えづらく持ちやすいです。

お値段も優しめ、そして見た目の暖かさがとてもおしゃれな一品です。

2.ドリッパー

キャンプフィールドに持ち運ぶならやはり折りたためるタイプがおすすめです。

分解できるタイプと折りたためるタイプがあります。

MUNIEQ(ミュニーク)/Tetra Drip Sサイズ

created by Rinker
MUNIEQ(ミュニーク)
¥2,800 (2024/03/02 01:18:40時点 Amazon調べ-詳細)

分解できるタイプなので、洗うのが楽&持ち運びに非常に便利です。

あおぞら/コーヒーステンレスフィルター

created by Rinker
あおぞら(Aozora)
¥900 (2024/03/01 19:18:26時点 Amazon調べ-詳細)

きめ細やかなステンレスメッシュでおいしいコーヒーを淹れることが出来ます。

ステンレスはペーパーフィルターに比べコーヒーオイルを通しやすいので香り豊かなコーヒーが楽しめます。

また、折りたためてコンパクトになる点でアウトドアへの持ち運びに便利です

STANLEY(スタンレー)/クラシックプアオーバーグリーン

持ち運びや携帯性はイマイチですが、実はとってもおすすめなのがスタンレーのこちらです。

なんと使い捨てのペーパーフィルター不要。 一度に0.6Lまでコーヒーやお茶を淹れることが可能です。

3.バーナー

ポットを温めるコンロの役割になります。一つあるとお湯を温めるところからフライパンによる調理まで万能なギアです。

コーヒーを淹れるためのポットを温めるという観点からおすすめをチョイスしてみました。

ソト(SOTO)/レギュレーターストーブ ガス

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥6,000 (2024/03/02 01:18:40時点 Amazon調べ-詳細)

個人的にこれが一番おすすめです。

コンパクトで携帯性もよく、四つ足なので大きめのポットやケトルをおいても安定します。使用できるガス缶がCB缶というのも、ランニングコストを考えるとGoodです!

PRIMUS(プリムス)/ウルトラバーナーガス

created by Rinker
プリムス(PRIMUS)
¥6,600 (2024/03/02 15:21:48時点 Amazon調べ-詳細)

続いてこちらもおすすめ。

なんといっても折り畳んだ時の小ささが群を抜いています。また3600kcal/hという高火力で、サッと調理できてしまう点も魅力的ですね。

岩谷/ジュニアコンパクトバーナー

信頼のメーカー岩谷から出ているジュニアコンパクトバーナーです。

専用ハードケース付きで持ち運びも安心です!

10年以上毎日使ってやっとへたってきたなんてコメントもあるくらいのクオリティですが、お値段控えめなところもいいですね。

4.カップ

淹れたコーヒーの保温力が大事です。

スノーピーク/チタンダブルマグ 300ml

created by Rinker
Snow Peak(スノーピーク)
¥5,280 (2024/03/02 01:18:42時点 Amazon調べ-詳細)

王道のスノーピークから、チタンマグです。

日常からアウトドアシーンまで、場面を問わず使えます。

シングルとダブルがありますが、頑丈さ・軽量さから山行に向いているシングルに対して、保温保冷機能に優れたダブルマグの方が普段使いには向いています。

ベアボーンズ/ククサカップ

created by Rinker
Barebones Living(ベアボーンズリビング)
¥2,860 (2024/03/02 15:21:49時点 Amazon調べ-詳細)

おしゃれなマグカップといったらこれ!北欧発祥のククサカップです。

  • 人間工学に基づいた持ち手設計
  • ハンギング可能
  • 持続可能な方法で調達されたアカシアの木が原料

といったように、アウトドアでも使いやすいように作られています。メーカーのこだわりが感じられますね。

5.ミル

コーヒー豆を挽くのに必要なミル。

電動タイプと手動タイプがありますが、個人的にはせっかくこだわるなら手動でガリガリやる楽しみを味わっていただきたいです♪

キャプテンスタッグ/コーヒーミル

こちらはハンドルを収納できるので持ち運びに便利です!

また刃がセラミック製で丸洗い可能です。

カリタ(Karita)コーヒーミル

アンティークな見た目が特徴のカリタのコーヒーミルです。インテリアとして置いてもとても可愛いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はキャンプ場でも使えるおしゃれなコーヒーギアをご紹介しました。

お気に入りのギアを見つけて、お家でもキャンプ場でもこだわりの一杯を淹れてみてはいかがでしょうか?

関連記事